スマフォの使用で老眼になる?ブルーライトの危険性

スマフォ ブルーライト

ブルーライトとは?目や睡眠に与える影響

スマートフォンやパソコンなどの画面から発せられるブルーライトは、目に害を与えることで良く知られています。ブルーライトをカットしてくれるパソコン用の眼鏡も発売されているので、実際に使用している方もおられるでしょう。
ブルーライトは太陽光や蛍光灯の光などにも含まれるものです。ブルーライトの持つエネルギーは可視光線の中では最も強く、網膜にまで達し、目にダメージを与えます。紫外線と近い性質の光のため、紫外線と同様有害な光線であるというのが専門家の考えです。緑内障や白内障、網膜剥離の原因になると言われています。さらに、2013年の「第1回国際ブルーライトシンポジウム」においての、目に長時間ブルーライトを浴びると、メラトニンの生成が阻害されるとの報告が大変注目を集めました。
メラトニンは睡眠に関する脳内ホルモンの一種です。人間の体内時計は目の奥にあり、日の光を浴びるとリセットされるようになっています。その時点で体は活動する時間帯となり、メラトニンの生成は抑えられます。14~16時間経ったところでメラトニンが分泌されることにより、眠くなります。なので、起床後の5分以内に日の光を浴びる事が、正常な睡眠リズムを作るうえで大切なのです。
しかし、夜にブルーライトを浴びてしまうとメラトニンの分泌が抑えられてしまい、脳は夜なのに昼間なのだと勘違いしてしまいます。そうなると睡眠リズムは乱れ、その状態が続くと睡眠障害になってしまう可能性もあります。

スマートフォンが老眼の原因になる?

30代後半から毛様体筋が衰え始め、40歳を超えたあたりで老眼の兆候が出始める、というのが一般的な話です。近視の人は老眼になりにくいと思われがちですが、症状を自覚しにくいだけで、毛様体筋が衰えてくる時期は誰もほぼ同じです。
ですが近年になり、スマートフォンやパソコンを使う機会が増え、画面を長時間見るなどで目を酷使することが多くなりました。長時間テレビ画面を見続ける事により、毛様体筋の衰えも進んでしまいます。なので、30代前半から老眼のような症状を訴える人が多くなっています。原因が加齢ではないので本当の老眼ではないですが、ほぼ老眼の状態である、と言えます。スマートフォン等を使う際、一定時間経ったら遠くの景色を眺めて、目の周辺の筋肉を動かすのが予防に効果的です。
さらに、首や肩の血流が悪くなることでも、毛様体筋の衰えが進んでしまいます。長時間座ったままで作業を続けたり、画面に近い距離でスマフォを長時間見るなどの首や肩の血流を悪くする行為は、老眼がどんどん進んでしまう原因となります。
また、スマフォの小さくて見づらい画面でのゲームや動画の視聴は、まばたきの回数を大幅に減らしてしまい、眼精疲労やドライアイを引き起こします。

パソコン用の眼鏡を活用し、ブルーライトを避ける努力を

上記のように、スマートフォンは目にとっては非常に負荷のかかるものなのです。ブルーライトから目を守るため、パソコン用の眼鏡を使う人は多いですが、仕事など長時間パソコンに向かう時にのみ使用すると言う人も多いかと思います。実を言うと、パソコンよりスマートフォンから出るブルーライトの方が多いのです。スマートフォンの使用時間の平均は、通勤や通学の電車での移動中、自宅でのネット検索、動画の視聴、SNSやメールをチェックしたりなどで一日数時間、長い人の場合だと10時間にもなるようです。
パソコン用の眼鏡はスマートフォンを見る時にも使うようにした方が良いでしょう。また、ブルーライトを浴びる時間自体を減らすように心がける事も大切です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です