誰にでもやってくる老眼の進行を遅らせる為の方法

老眼 を遅らせる

目のピント機能の衰えによる老眼にはガムが効果的

老眼と言う言葉を耳にすると、とても年寄りになってから起こるものと言うイメージを持ってしまいがちです。いまや日本人の寿命は飛躍的に延びて、何歳から高齢者と呼ばれるのかさえわからなくなっており、実際に老人と呼ぶにはあまりにも元気で若々しい人がたくさんいるようになりました。
けれども見た目の若々しさとは相反して老眼と呼ばれる目のピント機能の調節の衰えは誰にでもやってきます。しかもそれは40歳を過ぎた頃になると多くの人が感じる目のトラブルであり、体の機能の衰えのひとつで、誰にでも現れる症状のひとつです。年齢を重ねると共に近くのものを見るときに見えにくさを感じるのは、目のピント調節機能が衰えることによるものです。体の他の部分の筋肉と同じように、目のピントを調節するための筋肉にも衰えが生じ、近くのものを見た時にピントを合わせにくく感じるようになるというものです。目を酷使する環境に囲まれた現代人はこの機能の衰えがより早く顕著に現れるようになっているとさえ言われています。老眼と聞くとまだまだ自分は大丈夫だと思ってしまうような年代の人でも、何もしなければどんどんピント調節機能の衰えは進行し、老眼が進んでしまうことに繋がります。
そんな老眼の進行を少しでも抑えるためにできる対処法のひとつにガムを噛むことがあります。あるテレビ番組で紹介されたことで話題を呼んでいる方法ですが、やり方はとても簡単、一日に一回、10分程度ガムをカムと言うものです。ガムを噛むことと老眼の進行の抑制にどんな関係があるのかと不思議に思う人は多いと思いますが、ガムに限らず例えばするめや昆布などのようにしっかりと噛む食べ物は、噛むことによって側頭部の筋肉を動かすことに繋がります。この、物を噛んで側頭部の筋肉をしっかりと動かすことによって眼の周りの筋肉も刺激を受けて動かすことにつながり、そのことによって眼の周りの血行がよくなり、目を酷使し続けたことによって起こった目の疲労を取り除く効果があり、結果的に老眼の症状が進んでしまうことを抑制することに繋がると言うものです。ガムを噛むだけと言う手軽さなので、この方法なら毎日無理なく続けることができそうですね。
また、近くのものが見づらいと言う特徴的な症状が現れ、実際に老眼になった場合には無理することなくとにかく早めに老眼鏡をかけることも重要なポイントになります。老眼鏡をかけるとなんだか急に年寄りになってしまうような気がする、老眼鏡をかけると老眼をさらに進行させてしまう…そのような思い込みによって、自分はまだ老眼鏡をかけなくても大丈夫などと無理してものを見ていると、そのことによって目に疲れがたまってさらに老眼の進行に拍車をかけることに繋がります。意味のない思い込みや間違った認識はあらためて、近くのものを見づらいと感じたら無理せずに老眼鏡を使用して矯正するようにすることが大切です。
また、目の疲れを取り除くためには目の周辺を暖めてあげることも有効です。眼の周り専用のホットパックのようなものも販売されていますが、手軽に蒸しタオルを使って暖める方法なら家にあるもので手軽にできるのでおすすめです。また、電子レンジで暖めて使うタイプの眼の周り専用のホットパックなら、繰り返し使うことができて経済的だし、簡単にできてるので目が疲れたときに手軽に暖めることができます。
老眼は誰にでも訪れる症状のひとつですが、無理することなく、ガムを噛むなどの身近な対策をとることで、その症状の進行を緩やかにすることは可能です。無理や偏見で間違った対処をして目に負担をかけるのではなく、簡単にできるケアを行いながら上手に老眼と付き合ってゆきたいものです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です