最先端の老眼治療 様々なレーシック治療のご紹介

レーシック

老眼鏡はいらない?レーシック治療の概要とそのリスクとは

40歳を超えると誰もが老眼になると言われています。総人口の約半数が40歳以上なので、日本人の2人に1人は老眼に悩まされていることになります。ですが、きちんとした対策をとれば、進行を食い止め落ちてしまった視力を回復させる事も出来ます。
これまでは、老眼は老眼鏡をかけて矯正することが普通でした。近年では、老眼の治療技術の進歩により、保険は適用されませんが老眼鏡を使わなくて済むようになる対処法が色々と出てきました。
代表的なものはレーシックです。レーザーを照射することで角膜の曲率を変えて、近視や遠視、乱視を矯正する眼科の手術で、老眼にも対応しています。それでは、老眼治療の様々な手術について、ご紹介します。

老眼に効果的な「モノビジョンレーシック」

利き目は正常に見える状態、片方の目は弱い近視の状態にして、利き目では遠い物を、反対の目では近くの物を見るようにし、脳の中で両方の画像が合わさる事により遠くも近くも見える状態にする手術です。
近視や遠視、乱視の全ての人に行う事が出来ますが、老眼が強いと左右の視力にずれが生じてしまい違和感が出てしまう人もいます。慣れるまでに、早くても1~3か月程かかります。1年もすればほとんどの人は視力の左右差は気にならなくなりますが、慣れる事が出来ない人もいます。そこで、手術の前にコンタクトレンズで手術を受けた後の見え方を体感し、自分に合っているか試すことも出来ます。
手術の費用は片目で17万円ほどです。

若い時に視力の良かった人には「遠視矯正レーシック」

近視矯正のレーシックと同じような手術ですが、角膜を近視の場合は凹状に削るのに対し、遠視の場合は凸状に削ることでピントが近くの物に合うようにします。若い時は調節する力で近くにピントを合わせていたのが、年齢とともに調節力が落ちてピントを合わせにくくなった人に適した治療法です。
手元や中間が見えるようになりますが、遠くの物は見えにくくなります。
手術の費用は片目で15万円くらいから受けられます。

リング状のシートを埋め込む「アキュフォーカスリング」

中央に1.6mmの穴が開いた極めて薄い黒いシート(直径3.8mm)を、片目の角膜の中に挿入する手術です。こうすることで、小さな穴から物を見ているような状態になってピントが合いやすくなり、モノビジョンレーシックと同じく遠くも近くも見えやすくなります。ですが、長時間パソコンを使ったり読書をする場合は、老眼鏡が使う必要があることも。
両目に挿入してしまうと視界が暗く感じてしまうため、片目のみ、利き目と反対の目に施術します。見え方に慣れるまでには3〜6ヶ月程かかります。手術の費用は、30万円ほどです。

角膜を切らない老眼治療「CK(シーケー)」

遠視や老眼の方に行う手術です。高周波を角膜周辺部に照射して、角膜周辺部の組織が縮まる事によって角膜の真ん中が山なりとなり、屈折力が増す事によってピントが近くに合うようにします。メスを使用しないので、角膜の中央に触れずに済む安全な手術ですが、数年で元通りになってしまうケースもあり、その場合は再手術が必要となります。手術の費用は片目10万円くらいからで受けられます。

白内障治療に使われる「マルチフォーカルレンズ」

白内障の手術では、遠近両用の人口レンズ「多焦点眼内レンズ」を用います。これを角膜内に挿入する事により、白内障と老眼の両方を治療することが可能です。遠くと近く、または遠くと中間が見えるようになり、乱視も矯正できます。手術後、もし見え方に慣れなければ単焦点眼内レンズに交換もできます。
このレンズも保険適用外で自費診療となっており、施設によりますが費用は両目で80万円ほどかかります。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です