老眼が気になる方のための目薬の「選び方」と「使い方」

老眼 目薬

老眼が気になるのならビタミンB12配合の目薬を!

ドラッグストアやスーパーの薬品売り場に行くと、コンタクトレンズ用や疲れ目用など、さまざまな目薬が販売されています。この中から老眼による症状の回復や予防に効く目薬を選ぶ場合、「ビタミンB12」が成分に含まれているかどうかに注目してください。ビタミンB12には、「毛様体筋」の働きを良くし、目のピント調節をしやすくしてくれる効果があります。

毛様体筋とは目の筋肉のひとつで、水晶体の厚みを調節してピント合わせを行っています。遠くを見る場合は毛様体筋をゆるめて水晶体を薄くし、逆に近くを見る場合は毛様体筋を収縮させて水晶体をふくらませます。近くのものが見にくくなる老眼は、この水晶体が老化によって硬くなって調節しにくくなったり、毛様体筋の筋肉疲労によっておきます。ですから、老眼が気になる方には、毛様体筋の働きを助けるビタミンB12配合の目薬が効果的です。

目薬の正しい使い方を確認しましょう

せっかくの目薬も使い方が間違っていては効果半減!どころか、かえって逆効果になってしまうことも…。ここで、目薬の正しい使い方について確認しておきましょう。

(1)使用量を守る

目にためておける目薬液や涙の量は、0.03mlといわれています。対して、目薬一滴の量は約0.05ml。目に差した分量のいくらかは目に入らずに流れてしまうとしても、あまりたくさん差しても無駄になってしまいます。また、目薬も当然「薬」の一種ですので、定められた限度量を超えた使い方は、かえって目に悪影響をおよぼす可能性があります。必ず取り扱い説明書を確認し、記載されている使用限度量を超えないようにしてください。普段、あまり目薬の使用量を意識しないで使っている方もいるかもしれませんが、目の健康のために正しい使用量を心がけましょう。

(2)使用期限を守る

目薬にも、食品でいう賞味期限や消費期限にあたる「使用期限」があります。使用期限を過ぎた目薬は、質が悪くなって本来の効果が得られなかったり、場合によっては菌が入ってしまうこともあります。菌が入った目薬を差すなんて、目の中に毎日菌を入れているようなもの…。これでは老眼の回復や予防の効果が期待できないばかりか、目に悪影響です。目薬は、必ず使用期限内に使い切るようにしましょう。

(3)正しい差し方で効果UP

なかなか目薬が思うように目に入ってくれない!と困っている方、案外多いのではないでしょうか。実は、「正しい目薬の差し方」をマスターすれば上手に差せるようになるんですよ。その方法をおおまかに説明すると以下の通りです。正しい目薬の差し方を教えてくれる動画などもあるので、チェックしてみてはいかがでしょうか。

  1. 目薬を利き手に持つ
  2. 利き手と反対の手をグーに握り、目の下に当てるようにして下まぶたを少し下げる
  3. 2の目の下のこぶしを支えにしながら目薬を差す
  4. 下を向いて目を閉じ、目頭を軽く押さえる(鼻に目薬が流れるのを防ぐため)

上手な差し方で目薬を使えば、しっかりと目薬液を目に染み込ませることができるので、老眼の症状改善や予防の効果もさらに期待できます。

目薬だけではなく他のアプローチも必要です

どうしても見えにくくて困る場合などに「一時的に」目のピント機能を回復させるためには、先述の通り、ビタミンB12配合の目薬は強い味方です。しかし、あまり目薬に頼りすぎるのはおすすめできません。目薬は目の表面に元々ある「天然の涙」を洗い流してしまうため、使いすぎると目の表面が乾燥するドライアイになる可能性があるからです。目の衰えを感じたら目薬を差すだけではなく、眼球運動のストレッチで毛様体筋を鍛えたり、老化を抑えるために食事や生活習慣を見直すなどの対策を合わせて行いましょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です