老眼は改善できる。それは毎日の生活習慣の中にあった。

老眼 食習慣

抗酸化ビタミンと眼精疲労に効く栄養が目の老化を防ぐ。

目は身体の一部です。身体の老化を防ぐことは目の老化にもつながります。私たちの暮らしの中で、食べることは生体を健康に維持する大切な行いです。糖質のあるおやつなど間食は控えめに、良質な栄養素を含む食材をバランスよく摂ることは言うまでもないことですが、では具体的に何をどのように食べれば健康的に目の老化を防ぐことができるでしょうか。答えは抗酸化作用があり、目を構成する角膜、網膜、水晶体を疲労から守り健康的に維持するビタミンにありました。
抗酸化作用のあるビタミンA、ビタミンC、ビタミンEは私たちの身体を活性酸素から守る大切な栄養素です。
これらのビタミン群はいずれも抗酸化作用が強く身体を老化から守り、老眼ケアにも効果があります。
言うなれば正に老眼ケアのACE(エース)なのです。
ビタミンAは目をカバーしている角膜や、カメラで例えるならばフィルムの役割がある網膜の機能である明度調整を良好に維持します。このビタミンAを含む代表的な食材を挙げると、野菜ではニンジン、ほうれん草、春菊、小松菜、肉や魚では夏によく食べられるウナギ、鶏レバー、また卵黄があります。また、納豆等に含まれているビタミンB2も同様に目の角膜や網膜の機能を維持する役割があるので、一日の食事に一度取り入れてみると老眼ケアに良いと思われます。
ビタミンCは目を構成する水晶体の機能を守る効果があります。水晶体はレンズの役割があり、目のピントを合わせますが、年齢を重ねると硬くなりピントがスムーズに合わなくなります。ビタミンCは白内障予防にも効果がある栄養素とも言われ、この栄養素が含まれている食材はよく知られている果物、中でも柑橘類、イチゴ、柿、アセロラ等で、野菜ではブロッコリーやピーマン等です。また、果物のバナナに含まれているビタミンB6も水晶体を健康的に活性させると言われ、他に魚類のマグロとカツオやサンマにもビタミンB6は含まれているので、食事の献立を考える際、ビタミンCを含む食材と上手に組み合わせると効果的に老眼予防が期待できる栄養素が摂取できます。
ビタミンEは体内の血行を良くするので目の機能全体の低下、つまり眼精疲労を解消する効果があります。
このビタミンEを含む食材は魚類ではイワシ、鮭、ビタミンAでも登場したウナギ、野菜ではアボカド、お酒のお供ナッツ類等があります。また、ビタミンB1も眼精疲労の改善に効果があり、豚肉や玄米、穀類に多く含まれているので、合わせて食材に取り入れましょう。
このようにビタミンA、ビタミンC、ビタミンEは身体の酸化による老化だけでなく老眼を防ぐ栄養素の正にACE(エース)なのですが、ビタミンA、Eは取り過ぎると体内に蓄積され健康に逆効果になる恐れがありますので、適宜摂取をお勧めします。このビタミンの摂取量についてはそのビタミンの溶性によるもので、ビタミンA、Eは脂溶性なので取り過ぎると脂肪として体内に残りやすいのですが、逆に水溶性のビタミンC、Bはたくさん摂取しても尿として出てしまうので、多く摂取しても問題ありません。
ビタミンを中心に、老眼の改善や防止に有用性のある代表的な食物に含まれる栄養素を紹介しましたが、他にも先に挙げましたイワシやカツオ、サンマに含まれるDHA、EPA等の栄養素に加えて、鮭のアスタキサンチンは紫外線から身体を守る強い抗酸化作用があります。また、お蕎麦(蕎麦湯も含め)に含まれているルティン、クランベリーやブルーベリーに入っている筋疲労に効果がある栄養素も目の健康に良いと注目されています。さらに食材からは摂取できませんが、イチョウ葉エキスは血流を良くし、目の機能回復だけでなく脳の記憶力の改善に効果があるサプリメントとして評判があります。
最後に食事による老眼改善や予防をさらに効果的にする方法です。ビタミンは強い加熱でその成分が破壊されてしまうものもあり、これを避ける理想的な調理は煮炊きや蒸すという方法です。煮炊きの調理は煮汁などに栄養素が溶け込んでいるので栄養素が無駄なく摂取できます。また、良質のオリーブオイルを調理に使用すると有用な栄養素を体内に効率よく吸収すると言われています。このように食生活の見直しや工夫を老眼予防、改善に役立てましょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です