老眼鏡の種類を知って自分に合ったレンズを選びましょう

老眼鏡の選び方

利用目的や使用頻度によって考える老眼鏡の選び方

加齢による目のピント調節機能の衰えを助けてくれる老眼鏡ですが、いろいろな種類があることはご存知でしょうか。
合わない眼鏡を使い続けることで目に負担がかかり視力の低下が進んでしまったり、頭痛などを起こしてしまうこともあります。

老眼の回復やさらなる視力の低下を避けるために正しい眼鏡を選びましょう。

用途に合わせて選ぶことが大切です

老眼鏡を選ぶときに考えるのは主な用途です。
使用目的やかけている時間の長さなどで適したレンズの種類が変わってきます。

単焦点レンズ

  •  長所=慣れやすい・疲れにくい
  •  短所=遠くを見るときには外さなければいけない

長時間の読書には視野の広い単焦点レンズ。
パソコン作業の場合は読書よりも焦点を合わせたい距離が遠くなるので、度数の低い単焦点レンズ。
度数を変えることでより快適に見えるようになります。

外出先でメニューや値札を見るときには携帯に便利な小さなレンズがおすすめですが、長時間の使用には向きません。

レンズの上下で違う見え方をする2重焦点レンズ

  • 長所=近くも遠くも眼鏡をかけたままで見ることができる
  • 短所=見え方に慣れるまで時間がかかる
    レンズに境目ができるので気になる

会議などで手元の資料にも目お落とすなど頻繁に視界が変わるときにおすすめです。
強い度数が必要な方・累進レンズに慣れることができない方に適しています。
レンズに境目があるので老眼鏡だとわかることに抵抗を感じる人もいるようです。

近くから遠くまで見えて境目のない累進多焦点レンズ

  • 長所=境目を気にせずに近くから遠くまで見ることができる
  • 短所=見え方に慣れるまで時間がかかり、歪んで見えることで船酔いのようになることも

かけたり外したりしたくない人や、老眼用だと知られたくない人におすすめです。
比較的年齢が若く度数のまだ低い方に適しています。

老眼鏡とのただしい付き合い方

老眼鏡を使うことに抵抗を感じて使わずにいると肩こりや頭痛などをおこすだけでなく、中心性網脈絡網症の誘因にもなります。
無理をすることは目にも身体にもよくありません。
しかし、老眼鏡に頼りすぎる目の筋肉の衰えが進み老眼が進行してしまいます。

  • 本や新聞は明るい状況で見る
  • 途中で10分程度の休憩をとるなどして長時間同じ焦点でいることを避ける
  • 寝不足などを防いで全身の健康管理にも気を付ける

見え方が気になったときには老眼を進めない工夫をしてみることも大切になります。

それでも見えにくくなった場合には老眼鏡を適切に取り入れましょう。

老眼は目の筋肉の衰えや疲労によって進んでいくので、近くと遠くを交互の見て焦点の合う距離を変えるなどのストレッチをして
鍛えることでも重要です。
食生活を見直して目に良い栄養素を毎日の食事に取り入れることでも回復や予防につながります。

はじめての老眼鏡をつくるときには

近くの文字がぼやけるなど老眼が気になり始めたら、眼鏡店ではなく、まずは眼科を受診することが大切です。
老眼が始まる40歳ころからは身体のさまざまな老化現象が始まる時期ですので、
眼科での検査時に白内障・緑内障・網膜剥離などの目の成人病が発見されることも多いのです。

テレビやパソコン・スマホなどで中高年になっても目を酷使する状況は今後ますます多くなります。
良い視力を保つためには、見えにくさを老眼だと自己判断せず、早めにきちんと検査を受けるようにしてください。

老眼鏡を作った後にも視力は変化していきますので1~2年に一度は度数があっているかを確認するために
眼科を受診することで目の成人病の早期発見をできる大変重要な機会にもなります。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です