老眼を予防する睡眠を取る為の5つの方法を紹介します

Good quality sleep

老眼を予防する為の睡眠方法について

この頃、睡眠不足だという人はいませんか?睡眠が不足していると老化を進み老眼が進行してしまいます。なのでこれから睡眠不足になりがちな人が老眼回復、予防を意識し安眠が出来る方法を説明していきます。睡眠不足になると老眼の症状が進行するので老眼の症状が出ている人は睡眠不足を改善するように心がけてください。老眼回復、予防を意識した睡眠の為の方法と老眼回復、予防に効果的な睡眠の質をアップする方法を紹介していきます。

就寝の2~3時間前に食事をする!

就寝の2時間から3時間前には食事は済ませておくようにして下さい。寝る前に食事をすると食事により消化器官の活動が活発になってしまうので、交感神経が働き出し快眠が妨害される恐れがあります。だから老眼回復、予防を意識して質のいい睡眠を心がける場合は食事は必ず就寝の2~3時間前に食べるようにして下さい。

入浴は就寝1時間前で温度は38℃から40℃程にしておきましょう!

入浴のタイミングは就寝の1時間程前で、お湯の温度は38℃から40℃のくらいがベストです。人間の体は体温が下がる時に眠くなるように出来ています。それに入浴してリラックスした状態の方が眠りやすいと言えます。だから就寝1時間程前に入浴をして体温を上げておきましょう。そしてリラックスした状態でベットに入るとスムーズに寝ることが出来ます。特に冷え性の人に効果的で冷えを感じずに済むので試してみて下さい。

眠る前にマッサージとストレッチを習慣にする!

眠る前にマッサージとストレッチを行うと血行促進され、睡眠の質がアップします。さらに血流が良くなる事で目にも血液が行き届くようになり老眼回復、予防効果があります。マッサージをお子なる場合はふくらはぎのマッサージがお勧めです。その理由はふくらはぎというのは第二の心臓と言われる場所なのでふくらはぎのマッサージをすることで血液を全身に行き渡らせることが出来るのです。

睡眠をする1時間前には携帯とパソコンは使用しない!

眠る1時間前には携帯やパソコンは使用しないで下さい。携帯、パソコンはブルーライトと呼ばれる強い光が放出されています。そしてブルーライトに浴びることで寝つきが悪くなる以外にも目の奥に届いて細胞にダメージを与えます。細胞が傷つくことで老化が進行するので、ブルーライトというのは老眼を悪化させます。だから老眼回復、予防を意識する場合は寝る1時間前には携帯やパソコンは使用しないで下さい。

睡眠不足な場合は仮眠を取る!

睡眠不足な状態になってしまった時には仮眠を取るといいでしょう。質のいい仮眠なら普通の睡眠の2~3時間分に匹敵する効果が期待できます。仮眠をすることで目を休めることが出来るから老眼回復、予防に対しても効果があると言えます。睡眠不足でなくても効果が期待できるので生活の中に取り入れるといいでしょう。

質のいい仮眠をするには

  1. 一番眠い時間帯は昼の1時から3時で、その時間に仮眠をする
  2. 仮眠の時間は15分から20分程にしておきましょう
  3. 椅子に座った状態か机にうつ伏せの状態で寝りましょう。

何故老眼回復、予防に睡眠が効果的なのか?

老眼回復、予防に対して睡眠はとても重要です。その訳は睡眠不足の場合は毛様体筋と呼ばれる水晶体のピント調節する筋肉が疲労してしまいピント調節機能が落ちてしまいます。それが老眼の要因となってしまうのです。老眼というのは老化により毛様体筋が低下することによりピント調節機能が落ちることで症状が現れます。だから睡眠不足だと老眼になりやすいのです。あと睡眠不足だと老化が促されるので老化現象である老眼が悪化してしまうのです。だから老眼回復、予防の為には質のいい睡眠が不可欠だと言えます。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です