老眼でもコンタクトレンズが使えるってホント?

老眼用コンタクトレンズ

老眼用コンタクトレンズの正しい選び方と使い方

老眼用のコンタクトレンズも、近眼用と同様ソフトレンズとハードレンズの2種類があります。
どちらにもそれぞれメリットとデメリットがありますが、どちらを選ぶかは装着する人の生活スタイルなどによって変わってきます。
例えば普段スポーツをすることが多かったり外出することが多いなど活動的な生活スタイルの方であれば、目に違和感を感じにくいソフトレンズのほうがお勧めです。
仕事をしている最中に目に違和感があるとどうしても集中できなくなってしまいますし、運動をしている時も安全面を考慮すればこれは当然だと言えます。
逆にパソコン作業が多かったり夜更かしすることが多い生活スタイルの方であれば、ハードレンズがお勧めです。
このような目を酷使する生活スタイルの場合は、安全性や装着時の違和感よりもまず目に十分な酸素を送れることを最優先とします。
ハードレンズはソフトレンズに比べて目への酸素透過が良いため、長時間つけていても目に負担がかかりにくくなります。
このように、自分に合ったコンタクトレンズのタイプは生活スタイルによって変わりますので、まずはどちらのタイプが自分には適しているかを見極めることが大切です。

次に老眼コンタクトレンズを使ううえではいくつかのポイントがあります。
まず一つ目のポイントとして「頻繁に装着しない」ということが挙げられます。
老眼鏡に比べて見た目的にはスマートで煩わしさもないコンタクトレンズですが、目の中に直接入れるということでやはり目にかかる負担は老眼鏡に比べて大きくなります。
もちろん老眼鏡も目に負担が全くないというわけではありません。
ですから老眼鏡と言えど常時装着するのはお勧めできませんが、コンタクトレンズはそれ以上に負担が大きいため、本当に必要なとき以外は装着しないようにすることが大切です。
次に二つ目のポイントとして「夜間の運転時は装着しない」ということが挙げられます。
老眼用のコンタクトレンズは、構造上夜間になると見えにくくなるという特徴があります。
そのため老眼用のコンタクトレンズを装着したまま夜間に運転をすると、交通事故を招く危険があるため絶対に使用しないようにしましょう。

老眼用のコンタクトレンズは老眼鏡をかけることに比べれば煩わしさも少なく見た目もスマートに見えるという利点はあります。
しかしその反面、目にかかる負担が大きいなどのデメリットがあることも事実です。
そのため見た目だけにこだわり老眼コンタクトレンズを積極的に使用するのはあまりお勧めできません。
使用する場合はこれらのデメリットも全て理解し、かつ正しい使い方を守って使うことが大切です。
そして、これは老眼鏡と老眼用のコンタクトレンズに共通して言えることですが、どちらを使用しても老眼を回復したり予防することにはならないということを頭に入れておかなくてはいけません。
老眼鏡や老眼用のコンタクトレンズを使ってよく見えるようになると、何となく老眼が良くなったような気になってしまいがちですが、実はそうではありません。
老眼とは毛様体筋の衰えが原因で出てくる症状です。
そのため老眼鏡は老眼コンタクトレンを使用してよく見えるようになったとしても、それはあくまで一時的なものなのです。
むしろ老眼鏡や老眼コンタクトレンズを使用することでより毛様体筋が衰えてしまい、老眼が進行してしまうことにもなります。
そのため老眼をこれ以上悪化させないもしくは予防するためには、日頃から目の老化を抑えるようアンチエイジング対策を行ったり、毛様体筋を鍛えるような老眼の回復トレーニングを行うことがとても大切です。
くれぐれも老眼鏡や老眼コンタクトレンズに頼り切った生活にならないよう心掛けましょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です